プロフィール

ヘッダープロジェクトメニュー

 

代表

にじたろう(戸塚太郎)
武蔵野美術大学映像学科卒。神奈川県鎌倉市在住。CGクリエイターとして主に子どもやファミリー向けのアニメ・デザイン制作を行う。2008年に初めて発表した短編アニメ「ブッチ」「うさむくん」が国内の複数コンテストで受賞後、両作品ともにフジテレビCSチャンネルで1年以上放送され、「ブッチ」はフランス、スイス、イタリア、アメリカの短編映画祭や美術館、子ども向けイベントでも上映される。2019年夏にはANA国内線・国際線の機内上映用に環境保護をテーマとした「ブッチ」の新作を制作。2010年に発表した短編アニメ「ほしぐま」は現在に至るまでシリーズ作品を発表し続け、2019年同キャラクターによる短編アニメ「パパのパイ」が国内最大級の子ども映画祭・キネコ国際映画祭で上映されたほか、フィンランド、韓国、インドネシアの子ども映画祭で上映され、2020年なかまぁる Short Film Contest(主催:なかまぁる編集部(朝日新聞社))にて優秀賞を受賞。またBSフジの子ども向け番組「Beポンキッキ」(現在終了)で子どもの絵をアニメ化するコーナーを担当したのをきっかけに、2013年頃より “コドモーション” の活動を開始し、これまでに国内の幼稚園や保育園、小学校、様々な商業施設や大型イベントのほか、海外ではスイス(チューリッヒ、シャフハウゼン)、フィリピン、韓国、ベトナムで実施している。本名「戸塚太郎」名義で武蔵野美術大学映像学科非常勤講師も務めている。

→にじたろうHP


点線_青1参加クリエイター

薄羽涼彌(→自己紹介)

石川空(→自己紹介

吉田侑加(→自己紹介

ほか

  点線_黄1協力

パク・ヒョンジョン(映像作家、北海道大学 CoSTEP・特任助教)  

 

点線_赤1監修

篠原規行(武蔵野美術大学映像学科教授)  

 

 

 

サイトのトップへ 星の帯

LINEで送る